シンポジウムレポート

3日遅れの投稿ですみません。3日前の日曜日に行われた J-SHINE シンポジウムについてです。感想を一言で表すなら「J-SHINEさん、アルクさん、ありがと~♪ 行って良かった!」です。

自由席だったので少し早めに行って、スクリーンが見やすい最前列に座りました。机上にはメモパッド、フリクションペン、緑茶のペットボトル、資料が置かれていました。ここで初めて「あ、筆記用具忘れた。」と気が付いたのでお土産にペンを頂けたのがありがたかったです。(ノートは持って来たくせに…。おかげで近くのコンビニに走らなくて済みました。)

机上の資料で驚いたのは J-SHINEとアルクが共同で行った調査のレポート冊子(74ページ)でした。司会の方は「お荷物が増えて申し訳ありません。」とおっしゃっていましたが、「いえいえ、これを頂けるなんてありがとうございます♪」という気持ちでした。この日は調査結果の概要報告が30分弱で行われましたが、その際に使用されたパワーポイントのスライドをまとめたものも頂けたので、まずはざっくりと全体像を掴んで、その後で冊子にじっくり目を通すと J-SHINE 資格取得者の活躍ぶりや小学校英語教育、さらには日本の児童英語教育の現状が見えて来ます。(もちろん、この調査結果がすべてではありませんが、自分のごく限られた行動範囲ではわからない実情もわかり、勉強になります。)

なお、この調査結果と分析については J-SHINEのホームページのトップからリンクが張られていますので、関心のある方はぜひご覧ください。

後半のパネルディスカッションもあっと言う間の1時間40分でした。パネリストの人選も良かったと思います。研究指定校などの特別な学校ではなく、大都市でもへき地でもなく、ほどよい「中間」をねらっていました。小学校の校長先生、元々は中学校の英語の先生で昨年度まで市教委で指導主事をしていらした小学校の校長先生、英語専科でも英語教育推進リーダーでもないけれど外国語活動に前向きに取り組んでいらっしゃる小学校の先生、かつて東京都教育委員会にお勤めだった大学の先生、のように現場と行政の両方の視点で語っていただけたのが良かったです。

この日、印象に残った二言。

Learning by Doing
子どもは自分の話を聞いてくれる大人を信頼する

コメントの投稿

Secret

リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ