基本を忘れずに

先日、都内のある自治体の教育委員会が主催するJTE対象の研修に行って参りました。と言っても講師の立場ではありません。

研修の前半は参加者が児童役になり、会場校の担任とJTEのティーム・ティーチングの模擬授業が行われ、その後で担任からの解説と質疑応答の時間が設けられました。後半は参加者が5~6名のグループに分かれて授業についてのディスカッションが行われる…はずでした。「はずでした」と書いたのは、授業についての建設的なディスカッションがほとんど行われず、勤務校の愚痴や教育委員会への不満が大半を占めていたからです。授業についての意見や感想もちらほら出ましたが、私から見れば的外れな内容も目立ちました。

的外れの大きな原因は参加者が学習指導要領をきちんと理解していないことでした。「小学校の英語はここまでを勉強する、というのを国とか教育委員会がちゃんと決めてくれないとね。」ともっともらしい顔をして発言している人がいたのにはびっくりしました( ゚Д゚)

今まで、小学校の先生と中学校英語科の先生が集まる研修でも、建設的な意見交換ではなく井戸端会議のような論争(?)に出会ってきました。結局はそれも学習指導要領の存在が忘れられていることが一番の原因に思われました。中学校の先生が小学校学習指導要領もろくに読まずに一方的に押し付ける、小学校の先生も指導要領をきちんと読んでいれば反論できるのに、それができずに言いなりになってしまうか、後から小学校の先生どうしで愚痴をこぼし合っています。こんなことでは小中連携なんて上手く行くはずがありませんし、そもそも研修というのは教師の指導力を上げて最終的には子どもに力をつけることが目的なのに、これでは子どもたちに何のプラスにもなりません。

肩書や立場の違いはあっても、小学校英語教育に関わる人は学習指導要領に(熟読はしなくても)目を通すくらいのことはしないと、いつまでたってもこういう不毛な話し合いはなくならないでしょう。

コメントの投稿

Secret

リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ