ギリギリ回避…?

夏休みももうすぐ終わりですね。私はというと、明日・明後日と2日連続で研修があるため、先週は世間の夏休みの渋滞も台風も後目にマイペースで準備に勤しんでいました。リハビリも兼ねて(?)昨日は久しぶりに勤務校に行き、2学期最初の授業の準備もしてきました。

久しぶりの勤務校で聞いた半衝撃(?)のニュースが、来年度の外国語の使用教科書についてでした。6月中に勤務校近くの図書館でじっくり閲覧した結果、個人的な評価では「これならまあいっか」が2社、「できれば使いたくないなあ」が3社、「これは絶対嫌!」が2社だったのですが、勤務校がある地区は「できれば使いたくないなあ」の3社のうちの1つに決定しました。

同じ区の中学校で使っている教科書や、この2カ月ほどの間に聞こえて来た情報(世間話レベルも含む)から、「絶対嫌!」のうちの1社になるのではないかと戦々恐々としていただけに、それを回避できただけでもどこかで「ほっ」としている自分がいます。(先に「半」衝撃と書いたのはこのためです。)

そもそも来年度も私が今の勤務校でJTEを続けるかどうかも正式決定していないのですが、以下は継続した場合の話です。来年度使う予定の教科書の中で私がマイナスポイントと考えていたのは字体と各単元最後のふりかえりのさせ方でした。でも冷静に考えればこの2点は自分でどうにかカバーできます。今も「書くこと」に使うワークシートは文科省作成のものではなく4本線の間隔がほぼ均等のものを自作していますが、We Can! のフォントと違っていても児童は特に混乱することはありませんし、ふりかえりカードもずっと前から自作しています。あとは自分が新学習指導要領に沿った評価の在り方をしっかり勉強して、新教科書に合うようにふりかえりカードを作ればよいのか、とも思っています。

さて、来年度の前にまずは今年度の2学期が順調にスタートできるように努めないとね(*^_^*)

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは。来年度から使用する教科書が正式に決定しました。残念ながら来年度から使用する教科書の「内容解説資料」しか手元にありませんが、「We Can」「Let’s Try」の題材関連率が83%なので、少し安心しています。一つのユニットを8時間かけて行うので、子どもが飽きないかと心配しています。新学期が始まる前にリハーサルできたらいいのですが・・・子どもより教師の皆さんの方が心配です。

Re:

ママさんダンプさま

昨日まで泊りがけで出かけていたので返信が遅くなってすみませんでした。

> 一つのユニットを8時間かけて行うので、子どもが飽きないかと心配しています。

これ、知り合いの小学校の先生が We Can! ですでに同じようなことを言っています。45分×70コマは時間割編成上とても無理!ということで短時間学習を入れている学校では(成果が出ているかどうかは別として)このようなことは起こりにくいようですが、教務の先生がものすごい苦労をして移行措置期間中から45分×70コマで実施している学校の中には、各単元の配当時間も文科省案そのままのため、1つの単元に7~8時間充てるものの、今度は「児童が飽きる」「ネタがもたない」といった声があちこちから上がっているそうです。でもそれくらいの時間をかけないと指導編に書かれている目標は達成できないし「もうどうしてよいかわからない」という困惑(というより半分怒り?)の声が聞こえます。

子どもより教師の方が心配...ホント、そうですね。...って私も他人事のように言ってはいられません。

でもお互いできることをしっかりやりましょう!
リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ