置いてけぼり

先日、ある冊子を手にしました。制作したのは来年度用の小学校外国語検定教科書も作っている出版社です。その中に小学校の外国語(活動)で使える Classroom English の連載がありました。今回の連載で扱っていた表現が “Let's play a game!” や “Time's up.” といった基本的、というよりごく初歩レベルの文で、これを読んで色々と考えさせられました。

こういう表現を取り上げた執筆者や出版社のことをどうこう言うつもりはありません。さらにこのような初歩レベルの Classroom English を使うのもやっとという小学校の先生もいるかもしれませんし、そういう先生方を責めるつもりもありません。

新学習指導要領を読んでも、実際に We Can! を使って指導しても感じることが「これ、小学校で扱うには難しすぎないか?こんなに新しいことがどんどん入ってきてだいじょうぶか?」です。今年度は移行措置期間だからすべてを網羅しなくてよいとは言うものの、本当に来年度以降これだけの内容をきちんと指導できる学校がどれだけあるか、指導する側に力量があっても児童が身に付けられるのか、大いに疑問です。

小学校で教える内容が増えて難易度も高くなっているのに、10年前とあまり変わっていないもの、小学校英語教育の世界で「置いてけぼり」になっているのが実は指導者なのではないかと感じています。もちろんこの10年で飛躍的に外国語活動における授業力が伸びた先生もいます。教員の意識改革に取り組んで成果を上げた学校があることも知っています。でもそれって全国約2万校そしておそらく外国語活動に携わっていると思われる約27万人の教員のうち何%でしょう?

こんなことを書くと「研修不足の問題か?」と言われそうですが、研修を増やしたところであまり変わらないと思っています。むしろただでさえ忙しい教員の負担増になったわりにはあまり身につかないのではないでしょうか。問題は研修の回数ではなく質でしょう。文科省は英語教育推進リーダーだの中核教員制度だの、色々な手を打って(打ったつもりで)全教員の英語力、指導力を上げるための形だけは作りましたが、時間と税金と研修に携わった教員のエネルギーの無駄遣いにしかなっていない自治体もあります。

今さら遅いかもしれませんが、今からでもやらないよりはまし、だと個人的に思うのは、担任の相方であるT2として英語専科あるいはそれに準ずる人を入れて、わざわざ放課後や長期休暇中に研修しなくても On the job 方式で担任の英語力と指導力を上げる方法です。そのためにはALTにしてもJTEにしても指導経験や言語習得の知識がなく「英語が話せるだけ」の人ではなく専門性が必要ですし、その対価は保証されるべきでしょう。(補足すると、今「英語専科」と呼ばれている人たちの中にも、現場にとって、子どもたちにとって本当に良い指導者かどうか疑問な人もいます。)

ただし、こういう人たちがT2で入っても肝心な担任がそこから学ぼうとしなければ意味がありません。「いい先生が来たから丸投げ」では研修になりません。Classroom English がほとんど使えないという担任は、T2が発した英語をまねて繰り返し言ってみる、T2がネタを提供してくれたアクティビティを次は自分が他の担任に教えられるくらいまで消化する、場合によっては目の前の児童の実態に合うように改善する、くらいの意識が必要でしょう。…となると、管理職の指導力も問われますね。

大多数の小学校教員の英語力、指導力がほとんど変わらないまま、指導内容と量だけをつり上げた罪は大きいと思います。子どもたちが置いてけぼりにならないよう、罪滅ぼしとしての有効な一手を打ってほしいものです。

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは。7月になり、もう少しすると夏休みになります。当市では先月末来年度使用する教科書を選定をしたようです。まだ結果はわかりませんが、早く知りたいです。本来は私もT2の立場なのですが、T1になっている状態です。授業を丸投げされています。来年度からは学級担任が進めることを知っていながら、避けられています。きっと現場はパニックになり、授業放棄になるのではないかと危惧しています。英語は二の次、まずクラス・マネジメントをしっかりして欲しい学級が多いと感じます。楽しい英語活動は終わりになるのは寂しいです。スムーズに移行できるように祈るだけです。

Re: No title

ママさんダンプさま、こんにちは。
楽しい英語活動を終わらせる必要はないと思いますよ。つまらない授業よりは楽しい授業の方が子どもも喜ぶしためになりますから。目的がわからず子どもたちに英語力もコミュニケーション力もつかない、お遊び的なゲームが淘汰されるのは必然ですし、喜ばしいことだとも思っています。小学校英語もようやくここまで来たか、という感じです。「楽しく学ぶ」これが一番ですよね!

来年度から使用される検定教科書に関しては、私は個人的に「これだけは勘弁して」というのが2社あるのですが、うちの区がそれを選ばないことをひたすら祈るのみ、です。でも小学校の同僚曰く「うちの区は『何で、これ?』っていう教科書を選ぶ傾向があるから覚悟しておいた方がいいかもしれませんよ~。」と脅され(?)ました(-_-;)
リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ