無用な心配

最近、隙間時間でやっていること…それは来年度から小学校外国語で使用される予定の検定教科書の情報収集と資料整理です。4月に文部科学省のホームページで検定に通った教科書の一覧が発表されました。詳しくはこちら

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoukasho/1416044.htm

ここに載っている7社のホームページを片っ端から覗いて、教科書に関連した資料や映像を見ているのですが、出版社によってはあまりにも情報量が多くて未だに自分の頭の中で整理しきれていません。一般人に教科書の採択権はないのに、教育委員会の職員とか教員以外の人が閲覧できるページで、ここまでぐいぐいアピールしなくても…と思ったりもします(大きなお世話f^^;)

少し私が気がかりなのは、教科書本体についているQRコードです。児童が自宅でも音声を聴けるような環境づくりは画期的ですが、スマホもタブレットもないお家はどうするんだろ?と、ちらっと思いました。まあ、家で聞くのは「追加オプション」みたいなもので、少なくとも学校の授業できちんと聞けば学習できるようにするのが基本なのかもしれませんし、またそうでなければいけないとも思います。

前から私があったらいいな、と思っていたのは狂言師の親子がCMに出ている、あの「ペン」(あるいはそれに類するもの)。ペンそのものは全国共通で、使用教科書によって中のチップとかmicroSDカードを変えるだけ、という仕様にしておけば転校した場合も不便さはないかな~、と。もちろんペン本体の費用は税金で賄うということで。だって、これだけ英語、英語って言っているんだから、こういう所にこそ税金使わなきゃダメでしょ。そうすれば保護者のスマホ、タブレット所有による格差も生じません。

私には教科書の採択権はありませんし、しかも現場ではサポーターの立場なので、新教科書についてあれこれ考えたところで無用な心配にしかならないんですけどね。こうなったら、どこの社が何%くらいのシェアを占めるか予想して楽しもうかな~。(…って、これこそ「そんな無駄なことしてどうする?」レベルの話ですよね。)


コメントの投稿

Secret

リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ