再び「ナゾ」

現在、勤務校の6年は移行措置期間の年間指導計画に沿って Hi, friends!2のLesson5 Let's go to Italy. を学習中。内容は We Can!1 Unit6 I want to go to Italy. と共通しているので、We Can!1のデジタル教材で使えるものは使っています。…でデジタル教材を改めて見てみると、再び謎が…。(決して批判しているわけではありません。純粋に「疑問」なのです。)

まずは Let's Watch and Think 3。この状況設定をどう理解すればよいのか…?映像の場所はほぼ間違いなく旅行代理店でしょう。(指導編のスクリプトにもそのように明記されています。)背景のポスターやカウンター上のチラシは日本語で書かれているので、たぶん日本国内でしょう。話し手である女性は外見からだけではどこの国の人か判断できませんが、胸に「高岸」という名札をつけているので日本人である可能性が高いです。

さて、この旅行代理店に来ているお客さんは誰でしょう?高岸さんは日本語を話していませんから日本人ではありません。かなりゆっくりの英語を話しているので英語のネイティブ・スピーカーでもありません。高岸さんが勧めている国はペルー、オーストラリア、イタリア、フランスなので、この4つの国から日本に来た人でもありません…となると例えば「日本に住んでいるけれど、日本語も英語もあまり話せない外国人が、たまたま1週間ほどの休暇が取れたので海外旅行をしたくて代理店を訪れた。しかもどこの国に行きたいという明確な希望はない。」というかなり特殊な(?)状況しか考えられません。何でこんな不自然な場面設定にしたのかな???

もし私が制作者だったら、ペルー、オーストラリア、イタリア、フランスの小学生に話してもらって、自分たちの国においでよ!と日本の子どもを誘うような映像を撮ると思います。当然、彼らが使うフレーズは高岸さんのように “Let's go to ~.” ではなく “Come to ~.” です。この方が場面設定としては自然ですし、見ている子どもたちも親しみが持てるのではないでしょうか。ついでに視聴した後にスクリプトを配って音声を聞きながら指さし読みをすると、このスクリプトが下地になって近い将来、日本を紹介するスピーチを作りやすくなると思います。

もう一つ疑問に思ったのが Let's Listen。「どこの国かについて考えて、国旗に〇をつけよう。」という課題が与えられていて、国は三択になっています。これだけにしておけばよいものを、3つ並んだ国旗の下に、ナン、タージ・マハル、ゾウ、タンドリー・チキンの写真が載っているので、色々な知識を持っている高学年ともなれば英語を聞かなくてもインドだとわかってしまいます。(高学年をばかにしとんのか…?と独り言…f^^;)

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは。こちらは運動会が春に行われるので、今週は予行練習などで訪問が少なかったです。その分今後の学習の内容を少しでも昨年より充実させようと考えています。さて、Let's go to Italyの単元ですね。せっかくなので、[We Can 1」の動画を見せてます。ワークシートも使える分は使っています。違和感のある動画ですね。街頭インタビューも無理やりな感じです。実際日本は安全だから海外へ行きたくない子どもが多いようです。

Re:

ママさんダンプさま、こんにちは。

> 実際日本は安全だから海外へ行きたくない子どもが多いようです。

以前、新入社員への調査で海外転勤を望まない人が増えていることが問題にされていましたが、外国での事故や事件が報道されるとそうした危険を回避したくなるのは理解できます。日本にいても100%安全というわけではないのですが。小学生は自分が海外に出て行かなくても、中1の世界地理で習う知識のうち簡単な英語を通して理解できるもの(有名な世界遺産とか)は、教養として身に付けておくのはいいのかな、と思ったりします。
リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ