年度の最後に

移行措置期間1年目、この1年間のJTEとしての実践の中で「来年度はこうしよう」と思ったことは多々ありました。また、昨年の4月、5月に研修を依頼された小学校から、もし今年度も同じ内容で依頼が来たら「今度はこう伝えよう、こんな研修にしよう」ということもたくさんあります。反省材料が多かった=この1年での自分の成長も大きかった、と解釈しています。

さて、今年度の終盤に研修等で聞こえてきた声の中で気になったことの1つが高学年における「移行措置期間にやるべきこと」の誤解です。今年度と来年度はいわゆる「はしご上り」の期間であるはずなのに、いきなり教科化完全実施時の目標まで児童を無理やり引っ張り上げようとしているかのような実践を見たり聞いたりしてきました。段階的な指導が適切に行われていない残念な例です。

誤解の大きな原因の一つが We Can! の指導書をすべて鵜呑みにして、児童の実態を置き去りにしたまま、とにかくこの通りにやらなければならない、この目標を達成しなければならない、という指導者の意識でした。児童のアウトプットを急がせるあまり、日本語での説明が多かったり、目的が不明瞭な活動が行われていたりしました。今年度から年間70時間実施の学校でも、6年生が昨年度70時間かけて We Can!1を学習したわけではありません。年間50時間実施の学校ならなおさら児童に無理のない目標を立てなければなりません。

すでに来年度の年間指導計画が出来上がっている学校も多いかもしれませんが、We Can! の指導書の前に、移行措置期間の指導内容について文科省から出された資料をよく読み、児童の実態(特に今年度の実施状況や到達度)を考えて見直してみませんか?

…で、余談。たぶん明日は1日中、新元号のニュースでもちきりでしょう。4月いっぱいは平成なのに、気がはやって明日から新元号で日付を書いちゃったりする人もいるかもしれませんね。(だからさー、発表日と新年度の初日が一緒ってやめた方が良かったのにー、って今さら言ってもしかたないけど。)でも私にとっては新元号より都教委の人事異動発表の方が気になります。自分の勤務校だけでなく、次年度も研修に行くことが決まっている学校はどうなるんだろ?ドキドキー!

思いついたついでにもう一言。今年度は10連休で5月1日も休日なので、4月30日に「平成最後のカウントダウン」とか言って渋谷などの繁華街で大騒ぎする人たちがいるんだろうな~、と勝手に推測…自分はできるだけ家で静かに過ごそう…。

コメントの投稿

Secret

リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ