気づくの遅すぎ(-_-;)

粗探しをしているわけではありませんが、実際に We Can! を使って授業を進めるとさらに次々と「これ、ダメじゃん!」な所に気づきます。

先週気づいたのは We Can!2 Unit5 の Let's Watch and Think1です。だって、児童用教材の誌面に中途半端にイラストが入っているので、デジタル教材の音声を聞かなくても Mark が山に行ってキャンプをしたことや John が公園でサッカーをしたことがわかってしまうんですもの。

それなら誌面を使わない別の方法を考えればいっか、と思いデジタル教材を起動させてまたまたびっくり。目次から Unit5 を選んで、36ページ→ Let's Watch and Think 1 の順にクリックすると…やはり誌面と同じイラストが表示されてしまいます。う~ん、それならパソコンにスピーカーをつないで映像なしで純粋にリスニングの教材として使えばいっか…と思ったそのとき、「どうぐばこ」から起動させたらどうなんだろう?とダメ元でやってみました。

デジタル教材の「どうぐ」→ We Can!2 Unit5 → Let's Watch and Think1 を選ぶと余計なイラストなしに Mark と John の顔(と諸々のメニューアイコン)だけが表示されます。よかった…。ということで授業ではこの順番で再生して、無事に Let's Watch and Think1を行うことができました。リスニング用のワークシートは自作して、日本語でメモをするのではなく、行った場所、やったこと、食べたものの絵をいくつか載せておき、Mark、John のそれぞれのスピーチの内容に合うものに M または J を記入させる方法にしました。

今まで半年近くデジタル教材をいじくっていたのに、今さらこんなことに気づくとは…トホホ…。

あ、でもそう言えば、夏休み中に研修に行った小学校の中には高学年担任でかなりのベテランの先生が「どうぐばこ」の存在をご存知ないということもありましたっけ。マニュアルを読めばわかる、のは確かですか、その時間もなかなかないのが小学校教師。検定教科書を作っている各社はそのことも念頭に入れ、ぜひ付属のICT教材は使い勝手の良い、シンプルなものを作ってほしいです。

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは。秋が深まり、外国語活動もずんずん進んでいます。昨日6年生がWeCan1 Unit9の1時間目を勉強しました。「できる」と「~が得意」の確認をした後、リスニングをしました。完璧さを求めず聴いてもらいました。使用したワークシートは3枚。シート1枚につき単語をたった1語ずつ書くだけなのにたった・・・HRTに負担をかけてしまいます。いっそのこと本にしたらいいのにと思います。座学が多く、チャンツは歌詞が長くてスピードが速い!みんなで耐える日々が始まりました。

ママさんダンプさま、こんにちは。

ワークシートは本にできない様々な理由があったのでしょうね。経費かかるし、入稿、印刷、製本まで時間かかりますからね。We Can! 本体でさえ、やっつけ仕事が見え見えですから、ワークシートなんて熟考のうえで作成していないでしょう。誤植がなければよし、くらいの基準で作ったのでは?と勘ぐってしまいます。文科省でも(偉そうなことを言っているわりには)「どうせ We Can! は2年しか寿命がないから」という考えが片隅にあるのではないでしょうか。(と思えます。関係者は否定するでしょうけど。)

デジタル教材のコンテンツにしてもワークシートにしても「使えそうなところだけ使う」というつもりでやらないと本当にとんでもない授業になりそうです。ママさんダンプさんのようなJTEがいらっしゃる学校は、ちゃんとそういうものを精査して、使いにくいものをアレンジしてくれる人がいますが、ほぼ担任一人でやっているとか、ALTが来ても学習指導要領なんてそっちのけですごーく幼稚なゲームばかりやったり、逆に中学校レベルの内容を教え込んだりしている学校は大変でしょうね...。




リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ