「三単現」の解釈

先日は受講する立場で研修に行きました。JTEとして勤務している自治体の教育委員会主催で、JTE向けの研修でした。

研修の中で指導主事が新指導要領について20分ほど講義したのですが、その中でどうしてもひっかかる一言がありました。今回の改訂により「外国語活動」から「外国語」となった高学年の指導内容についての変更点をいくつか述べた際、その中の一つとしてパワーポイントのスライドには「三人称」と記されていました。問題はそのときの指導主事の発言です。「三人称」だけにとどめておけばよいものを「今度の改訂では he とか she も出てきて、三人称単数現在いわゆる三単現も扱います。」

We Can! には He is ~. / She is ~. という文が出てきます。主語は「三人称」で「一人(単数)」、is は紛れもなく be 動詞の 「現在形」 ですから誤った発言ではありません。ただ、おそらく世間の多くの人は「三単現」と聞くと plays, has など一般動詞の現在形に s がついた形を思い浮かべるのではないでしょうか。(余談ですが、元中学校英語教師の私が思うに、この「三単現」が中1の生徒にとって最初の大きなつまづきポイントでもあります。)受講した約30名のJTEの中で、新指導要領に目を通し、このあたりの情報を正確に掴んで正確に解釈している人がどれだけいるかはわかりませんが、わざわざ誤解を招くような余計な発言をしなければいいのにな>指導主事、と思いました。

ちなみに、学習指導要領でも指導要領解説でも、「人称代名詞」や “he” “she” という用語は使われていても、「三人称」という用語は使われていません。(もちろん「三人称単数現在」「三単現」なんて言葉も出てきません。)さらに付け加えれば、私はかつて私立の中高一貫校に10年以上勤めていたのですが、中学生を教えていたときはもちろん、高校の英文法(いわゆる Grammar)の授業でも「三人称」や「三単現」なんて言葉は一回も使ったことがありません。それでも受験指導はできます。

英語の授業でも研修でも、余計な文法用語は使わない方が得策ですね。

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは。JTE向けの研修会が開催されただけでも良かったですね。私達には全くありません。野放し状態です。そうそう・・・ぼちぼちWe Can! 1 Unit 5 She can~の単元に入りそうです。JTEとして子どもに自然に気づいてもらうのがいいと思いますが、なぜにあえて「三単現」などと口にしてしまうのでしょうか?日本人はあまりS/he の意識がないからでしょうか?私なら、アニメの性別がわかるキャラクターの絵を見せて理解してもらうように準備しています。頭が固すぎます。もっと簡単に、自然に第二原語を習得できるようにお手伝いしていきます。

>ママさんダンプさま

ママさんダンプさま、こんにちは。
> JTE向けの研修会が開催されただけでも良かったですね

う~ん...ある意味そうかもしれません。実は教育委員会主催のJTE向けの研修はもう6回目で、私が参加するのは4回目(2回は他の仕事と重なって不参加)なのですが、内容が明らかに受講者のニーズと合っていなくて、どちらかと言えば「これ、教師の卵とか初任者が聞く内容じゃないの?」なんです。「今度こそ実になる話が聞けるかも」と参加しても毎回裏切られているので、今度から参加するのは辞めようかな、と思っています。ちなみに研修参加は自由ですが、受講=勤務扱いなので日ごろの授業と同額の時給が支払われ、交通費も出ます...というだけでも良心的でしょうか。(これで文句を言ったら罰が当たる!?)

ただ、そんな中でも研修での収穫が2つあって、1つは他校のJTEさんの愚痴(?)を聞くと「うちの学校はマシかも?いや、私はこの学校のJTEで良かった~e-415」と内心では思うこと、もう1つは受講者目線で「この研修のまずい点はどこか」を分析して自身の研修講師の仕事に役立てること、です。(他人の振り見て我が振り直せ。)

He / She の導入でアニメのキャラクターを使うなんて、いいアイデアですね!

No title

こんばんわ。今日We Can!1 Unit 5の2時間目をしました。(6年生)He/She を理解してもらうために、アンパンマン、ドラえもん、サザエさんなどなどの絵を持って行きました。サザエさんはすぐわかってくれました。She can cook. She can run fast.She can sing well.と一番わかりやすいようでした。次回は先生方に事前にアンケート用紙を配布し協力してもらうことにしています。指導案では、子どもが先生方にインタビューするとなっていますが、無理です。授業に出払っています。なぜ現場にやさしい指導案を考えてくれないのか・・・理解不能です。また、愚痴ってしまった!ごめんなさい。

Re: ママさんダンプさま

ママさんダンプさま、こんばんは。

おお、We Can! の Unit5まで進んでいますか。私の勤務校は5年も6年もまだ Hi, friends! をやっています。

> なぜ現場にやさしい指導案を考えてくれないのか

それはたぶん、教材を作っている人が大学の先生とか元中学校の英語の先生で、小学校の現場の先生がほとんど入っていないからでしょう。(だって、現職の小学校の先生なら国定教科書に準ずる教材作成に携われたとしても、できることは限られています。本業をおろそかにすれば話は別ですが。)

ママさんダンプさんは、指導書の通りでは無理と判断してアンケート方式に変えるというアイデアを出されたわけですが、多忙な小学校の先生がこのような代案はなかなか出せないかもしれませんし、出せたとしても実行に移すことは時間や労力を考えると難しいかもしれませんね。ママさんダンプさんのご勤務校の先生方は本当に恵まれていると思います。英語が使えるだけでなく、こういうアイデアを提供して実践にまで持っていけるJTEがいらっしゃるのですから。

私の勤務校で We Can! を使い始めるのは2学期からです。私も頑張ろうっと!

No title

こんにちは。学校の先生方に協力を得て、アンケートに記入していただきました。そのアンケート用紙を使い、Who is he? Who is she?をしました。子どもに大受けしてました。刺激的な活動だったようです。それに加えて、子ども対象にも同じくアンケートを実施しました。これもまた、大受けでした。
ところで、アルファベットのについて気付いたのですが、文科省では小文字のqの筆順をはじめに上から下へ書き、そして左の半円を書くように指導しています。「We Can」のデジタル教材を見て気づきました。ALTにも尋ねたら、違うと答えてました。4本線といい、「q」の筆順といい、誰が最後にOKをでしているのか、不思議でなりません。正しく教えないと、中学校の先生からクレームがくるかもしれません。現場は大変!

Re: アンケート

ママさんダンプさま、こんばんは。

アンケート作戦(?)大成功で良かったですね。やはりリアルな情報は子供たちの食いつきがちがいますよね。先生方が協力的なのも成功の秘訣でしょうし、ママさんダンプさまが先生方から信頼を得ているからこそできた協同作業だったのではないでしょうか。

アルファベットの筆順については、「決まりがない」というのが一般的な説のようです。実際、私が中学校の教員をしていた頃、数種類の Penmanship を見比べたところ出版社によって違っていました。私は小学校でも「アルファベットは日本語の漢字のように決まった筆順はないので、自分が一番きれいに書けると思う方法で書きましょう。」と教えていますし、たぶん中学校の先生も(よほど不勉強でない限り)それはわかっていらして、中1の生徒に無理やり「こういう順番で書きなさい」という指導はなさっていないと思います。
リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ