『解説』の解説がほしい



新学習指導要領の『解説』を熟読するも、ところどころにあまりにも抽象的な表記が多くて「で?これってどういうこと?」と考えながら読み進めて行くと時間のかかること!何となく言いたいことはわかるのですが、「じゃあ、具体的に授業でどうするか?」というところまで自問すると頭の中にが増える一方です。中教審の答申からずっと継続的に勉強していればこんなことにならなかったのか、単なる勉強不足かわかりませんが、「『学習指導要領解説』の解説がほしい!」と思ってしまう私は甘えすぎ…と思っていたら、やはり世の中に救世主はいるものです。

昨年8月下旬に行われた J-SHINE のシンポジウムの会場で出版社が直接注文を受け付けていたので申し込んで、ほどなく入手するも、ぱらぱらっと見ただけで放ったらかし(恥)にしておいたのですが、昨日ちゃんと初めから読みました。巻末の資料も入れて160ページありましたが、読みやすくて一気に読めちゃいました



お役所の文書ってどうして読みにくいものばかりなんでしょうね…。私の読解力がないのか??


コメントの投稿

Secret

No title

moccoさん、こんばんわ。またまたお邪魔いたします。毎日くたくたな感じです。現場の焦り感が半端ありません。文科省の指導案の提示の遅さには呆れてしまいます。なので、現場では市教委が作成した指導案と文科省の作成したものがあり、学校側で使用する指導案を決めてもよいことになっています。使用している本は6冊。指導案も2種類!私の頭の中はパンパンです。指導主事の説明を勘違いしている担当者もいたり・・・大変です。 上記の本も読んでみたのですが、当分無理だと思います。役所が使う言い回しは理解がとても難しいのは同感です。 まだ私たちJTEそしてALTの手元にはLet's Try! と We Canの本はありません。注文しているそうですが・・・どーなってんの?

わかりますっ!

こんにちは。
指導要領の解説、本当にわかりにくいですよね。全てにおいて同感です(笑) まあ、言ってることはわかるのですけれど、長々と書いてあって要点がぼけてしまうというか、結局なんだ?って感じでわかったようなわからないような.......。とにかく時間がかかりすぎるのなんのって。紹介されている書籍買おうかな。今年度に向けて自費で購入した金額の合計が結構な額になってます。

指導案もやっと「出たーっ!」し、もう授業始まってますが先生方の混乱は半端ないです。我が県では独自の指導案(3/31に初お目見え!)が出ているので混乱に拍車をかけています。またそれが突っ込みどころ満載な上に、指導案が出たのが遅すぎたのもあり教員から「無理」という声が挙がっています。私は4つの学校に行っていますが、先生方それぞれteaching styleや英語への苦手意識など違いますし、学級の状態なども含めて当分バタバタしそうです。

Re: わかりますっ!

さいちんさま、こんばんは。
私もこの2~3か月で費やした書籍代(英語の絵本も含む)はかなりのものです。まあ、新しいことを始めるときは仕方ないかな...。自分への「投資」だと思って割り切っています。

さいちんさんは4校を掛け持ちしていらっしゃるんですね!すごい!私には絶対無理だわf^^;。まだ必修化前、高学年でさえ年間10~20回程度のときは3校掛け持ちしていたことはありましたが、数年前に2校掛け持ちでもきつくて今は1校に絞っています。「キツい」の理由は、日数とか持ち時間ではなくて、さいちんさんも書いていらしたように、学校差、学級差に自分を合わせるのが難しいと感じていました。ま、不器用なだけかもしれませんがf^^;。

今年度はどこの学校も混乱に次ぐ混乱でしょうね。そうは言っても、子どもの成長は鎮静化(?)を待ってはくれませんから、できるだけ子どもたち(特に今年度の6年生)に不利益が生じないよう、できる限りのことをしたいものです。お互い頑張りましょう(^^)/

ママさんダンプさまへ

こんにちは。原因はわからないのですが、ママさんダンプさんのコメントがこちらに反映されるまで時間がかかってしまっていたようで、承認、返信が遅くなってすみません<m(_ _)m>

> まだ私たちJTEそしてALTの手元にはLet's Try! と We Canの本はありません。

えっ!?ママさんダンプさんは、ダウンロード版の教材をご覧になって、今まで準備してこられたということですか?

私の勤務校は統合もあって慌ただしいせいか、私の今年度デビューは来週です。準備を進めれば進めるほど「これダメじゃん!」なことが次々と見えてきて恐ろしいの何のって。まだ私には時間的な余裕がありますけど、担任の先生はただでさえ年度初めは忙しいのに、教材研究して指導案立てて準備しろ…って、働き方改革と逆行してますよね。

やはり難しいのは今年度の6年生です。これについてはまた別の機会に当ブログの記事として投稿する予定です。

No title

おはようございます。 昨日職場に戻ったら机上になんと「Let's Try!」と
「We Caん」の冊子と指導編が置いてありました! これで子どもの前でも堂々と使えます。 私もさいちんさんと同じで4校担当しています。昨日は5年生・6年生で各学年1組しかないので、2コマずつ消化しました。みんな2時間続きで、くたくたしてました。飽きさせないように、さらに生産性がないといけなし・・・難しいです。 
そうなんです!ダウンロード版を使ってガイド・ブックを私なりに作っています。「ここをクリックすれば、その先に見えるものはなにか?」のもやもやを無くするために、すべてクリックし、その内容やスクリプトを打ち込んでいます。しかし、学校訪問が本格的に始まり、作業は頓挫してます。「We Can! 」のUnit7まできたので、あとはコツコツ続けます。 
緊張の毎日。冬の疲れからか春は眠いし、だるいです。
JTEのみなさん、ご自愛くださーい。

もはや尊敬

ママさんダンプさま、お疲れ様です!!
そこまで丁寧に仕事をするJTEはなかなかいらっしゃらないのでは?「クリックすればその先に見えるもの」なんて、私だったら「勝手にいじって探して!」で終わっちゃうかもf^^;。でも、確かに Hi, friends! のデジタル教材に比べると、We Can! のデジタル教材は(一部は無駄な)コンテンツが多い分、容量は大きいし重たいし使い勝手はめちゃめちゃ悪いですよね。デジタル教材を使えば担任一人でも授業ができる、みたいなことを役所はしきりに言っていますけど、デジタル教材の中身を研究するだけでも時間がかかりますし、そんな暇のある小学校教師がどれだけいると思ってんの!?ですよね。

私は、ママさんダンプさんやさいちんさんに比べると贅沢な悩みかもしれませんが、1校で高学年のみの担当なので「週3日以内の勤務で中学年も教えたい」と思っています。私の勤務校は今年度から統合して両学年とも3クラスになりました。理想は3~6年2クラスずつで、高学年週2コマ、中学年週1コマ、計週12時間で4時間✕3日勤務...って、いくら何でも都合良過ぎですねf^^;。

コメントを拝読するとかなりの激務のようですが、くれぐれもお体を大切になさってくださいませ。


リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ