小学校外国語活動を中心に英語教育全般についてつぶやき中(*^_^*)

次の心配は置き場所

昨年末は複数の小学校で特別支援学級の外国語活動を参観させていただく機会がありました。小学校の現場では来年度の先行実施や移行期間に向けて着々と準備が進んでいたり、不安の声が上がったりしている一方、特別支援学級の外国語活動については、まだまだ研究が進んでいるとは言えないような気がしています。

私自身は JTE として最初に勤務した小学校に特別支援学級があり、デビューも特別支援学級でした。3年にわたって年間10回ほど授業はしたものの、まだ必修化にさえなっていなかった頃の話で、手探りで指導していた一方、何でもあり、というか児童に害でなければ何をやっても許されていた時代でもありました。

でもこれからはそういうわけにも行かず、特別支援学級での外国語、外国語活動について現場の先生からご質問をいただく機会も増えるでしょうし、私も過去の経験だけで指導助言するわけにも行きませんから本腰入れて勉強しなくては!と思いました。

冬休み中に手元にある本を色々見ていたところ、6年前に当ブログでも紹介した『英語の絵本活用マニュアル』 の巻末に目が止まりました。出版元の広告ページに「小学校特別支援指導用教材」として紹介されているセットがあったので、まずはここから勉強することにしました。

ところがこのセットは出版元のコスモピアで注文を受け付けておらず、「小学校の先生以外のかたで購入をご希望される方は、直接お住まいの都道府県に該当する上記教科書販売店へお問い合わせください。」とのことで、まずは地元の教科書供給所に発注することから始まりました。年末年始をまたいだこともあり、今日ようやく教材を手にすることができました。

指導書に書かれている授業のシナリオ例や模擬授業の音声を収録したCDにはあまりにも日本語が多く、「う~ん…これでは子どもたちと英語のコミュニケーションにならないんじゃないの??」というのが素直な感想でした。特別支援学級だからこそ、言葉による説明調の授業ではなく子どもたちの豊かな感性に訴えかけるような授業であるべきですし、そのために非言語要素がたっぷり詰まった絵本は教材としてぴったりだと思います。その一方で、通常学級とは違う特別支援学級だからこそ必要な指導のヒントも指導書にギュッと詰まっていますし、何よりもストーリーがそのまま歌になっているCD付の絵本が各セットに4冊ずつ入っているのは魅力です。忙しい小学校の先生は、そもそも絵本選びにじっくり時間をかける余裕もほとんどないので、実際に特別支援学級で指導した経験のある人から「この本がおすすめ」「この絵本に関連してこんなアクティビティができる」という情報はとてもありがたいはずです。

…さて…指導書、CD、DVDはさほど収納場所を取らないものの、絵本8冊をしまう場所がちょっぴり苦しいです。絵本を収集しているつもりはなくても、ついつい気になると購入しているうちに本棚をどんどん圧迫しています。指導書を読み込んだり絵本そのものの教材研究をしたりする以外にもう一つ課題が増えました…
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:mocco
J-SHINEトレーナー
元中学・高校の英語教師
小学校外国語活動講師(JTE)
首都圏を中心に各地の小中学校で研修講師も務めています
more...

研修依頼
こちらからお願いします
メールはこちらから
入力していただいた情報・内容は管理人しか閲覧できません。

お名前:
メールアドレス:

件 名:

本 文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント