でも、やっぱり言いたい

次期学習指導要領移行期間、先行実施に向けて、小学校外国語・外国語活動に関わる資料が続々と文部科学省から発信されています…が、それでも「遅い!」と思っているのは私だけではないでしょう。やれやれ言うのは簡単ですが、年間指導計画や研修ガイドブックだけさっさと作って、肝心な教材は相変わらず後手後手、で「平成29年度中に研修せよ」って…あのねえ~。英語ノートから Hi, friends! に変わったときの反省が活かされていないのは大変残念です。

役所相手に文句を言っても子どもたちには何のプラスにもならない、だからできるだけ愚痴は言わないようにしようと思っていても、やっぱり文部科学省には「これはないよね~」と言いたくもなります。文部科学省のホームページで発表されている新教材の整備のスケジュールによれば、中学年と高学年両方のフルセット(年間指導計画例案・活動例案・学習指導案例・児童用冊子、指導書、デジタル教材)のデータが揃うのは来年の1月です。(高学年だけならもう少し早く揃うことにはなっていますが、ラインナップの最後にデジタル教材のデータが入手できるのは12月のようです。)

短い3学期中に研修をきちんとできる学校がどれだけあるでしょう?次期学習指導要領で変わるのは外国語だけではありません。来年度どうなるんだろ?少なくとも、私がJTEとして勤務している学校は、統合+校舎移転という別の大事業が待っていますが、自分が関わっている限りは、担任の先生と共にどうにか乗り越えられそうです。

コメントの投稿

Secret

早いもので10月になりました。「Hi, Friends!」とのお別れが近づいてきています。次期の「We Can」のお披露目がありましたが、早く内容とそのデータを送付してくれないかなと強く希望しています。現場もJTE達もあるのは”不安”の二文字です。チャンツを暗記しなくてはいけないし、黒板に貼る絵カードも作らなければならないし・・・課題山積!来春まで間に合うのかな?

うん、うん!

ママさんダンプさま、こんにちは。返信が遅くなってすみません<m(_ _)m>

小学校の先生にしてもJTEにしても、現場の人間が強く思っているのは「不安」そして「不満」ではないでしょうか。小学校外国語の教科化に賛成している人って、全国民のどれくらいいるんでしょう?授業時数の問題が解決して英語専科でもつけない限り、反対の方が多いのではないかと思っています。

英語が大事だのグローバル化に遅れないようにだの、スローガンを掲げるのは勝手ですが、新教材に関わる工程がこんなに後手後手では先が思いやられますよね。ママさんダンプさんや私のようなJTEがいる学校はそれなりの成果は上げられるでしょうが、英語教育の質という点において、地域差、学校差、学級差が出るのは避けられないでしょう。公教育がこれではねえ。少なくとも私たちは自分たちが関わっている範囲では全力を尽くして「いい仕事」しましょうね~e-343






プロフィール

Author:mocco
J-SHINEトレーナー
元中学・高校の英語教師
小学校外国語活動講師(JTE)
首都圏を中心に各地の小中学校で研修講師も務めています
more...

研修依頼
こちらからお願いします
メールはこちらから
入力していただいた情報・内容は管理人しか閲覧できません。

お名前:
メールアドレス:

件 名:

本 文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ