小学校外国語活動を中心に英語教育全般についてつぶやき中(*^_^*)

「給食は粘土の味」

先日、ある小学校に外国語活動の研究授業の講師としてお邪魔したときの話です。

この日の授業は6年生。担任のM先生とALTとのティーム・ティーチングでした。M先生の授業は昨年度も1回参観させていただいたことがあり、授業中に何度も自分の感動計の針が振り切るような素晴らしい授業でした。今回も、課題はあったとはいえ、やんちゃでな男子もいる学級で質の高い授業を見せてくださいました。6年生なのにまあよく声が出ること。M先生とALTとのチームワークも抜群でした。

授業後に校長室で、M先生、ALT、その学校の外国語活動主任の先生とお話しする機会があったのですが、M先生曰く「研究授業の前の給食って、緊張のせいか粘土を食べてるみたいなんだけど、今日は美味しいと思うくらい余裕があった。」そうな…。それを横で聞いていた外国語活動主任の先生が一言「M先生って粘土を食べたことあるんですか f^_^;」

もちろんM先生は全否定。「んなわけないでしょ。喩えですよ。たぶん粘土ってこんな感じで味がしないんだろうな、って。」

何だかほのぼのしていい学校です…(*^_^*)。協議会のときも、先生方はM先生への賛辞だけでなく改善点や疑問を率直におっしゃっていました。ベテランも若手もかなり鋭い発言をされていたのが印象的でした。もしかしたら授業者のM先生より講師の私の方が勉強になったかもしれません。

それにしても、研究授業の前の給食が粘土の味、って何となくわかるような気がします。(もちろん私も粘土は食べたことありません。)今はほとんどなくなりましたが、私も研修の前は食欲が全くなく、でもとりあえず何か口にしないと立ち仕事が持たないのでとりあえずスープやヨーグルトなどを流し込むものの味がわからない、という経験をずいぶんとしてきましたっけ。

そんな先生方の緊張も考えず(かつての自分の経験も忘れて)、容赦なく辛口の講評をしちゃう私って、まだまだ未熟だなあ…f^_^;。

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する