小学校外国語活動を中心に英語教育全般についてつぶやき中(*^_^*)

「英語より日本語」論

「子どものうちから英語をやるくらいなら、まずは日本語をきちんと教えるべき」―小学校における英語教育が話題になると、必ずと言ってよいほど付いてくるのがこの類の意見です。こう主張する人たちの言うこともわからなくはありませんし、実際に小学生を教えていると、国語力(特に書くことによる表現力)の低さが気になります。

日本語に関して言えば、就学前からの家庭環境が大きく影響しているように思えてなりません。もちろん小学校入学後も、です。少なくとも私が毎週接している高学年の子ども全員の日本語力が落ちていると感じるかというとそうではなくて、半数以上は高学年にふさわしい日本語力を身に付けていると思います。問題は、字の書き方一つを見ても「このまま中学校に進学しても大丈夫なのだろうか」と心配になる子が増えているという点です。

思考に必要な母語がないことには、英語はもちろん、他の教科の学力も伸びません。ただ、外国語(活動)をやめて、その時間を国語に充てれば小学生の日本語力が伸びるか、というとそういう次元の話ではないような気もします。(同様に、次期学習指導要領下で高学年の外国語を教科化して、週当たりの1単位時間を増やすだけで、日本人全体の英語コミュニケーション力が大きく変化するとも思っていません。)「英語より日本語」のように外国語学習と比べてどうこう言っている場合ではなく、もっと重要な課題のような気がします。


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する