新年度の一喜一憂

毎年4月1日になると気になるのが「教職員の人事異動」。自宅に届く新聞に載っているのは埼玉版なので、私の仕事には直接は関係ありません。何しろ仕事はほとんど都内なもので…f^_^; (私のような人間を「埼玉都民」と言うそうな…。)

毎年、4月1日は東京都教育委員会発表の人事異動を見て一喜一憂しているわけですが、一緒に頑張ってきた先生方、お世話になった先生方とのお別れを考えると「憂」の方が多いです。公立学校の先生方に異動はつきものなので、毎年いちいち嘆いても仕方ないと頭でわかっていても、ため息が出てしまいます。さらに今年は別の意味での「憂」もあり、新年度早々、どんよりしています(今日の埼玉県南部の天気も雨のち曇りで真冬並みの寒さもあって、さらに気分がどんより

一番残念だったのは、JTEとして勤務している小学校の副校長先生の異動です。校長先生に昇任されての異動なのでおめでたいことではあるのですが、副校長先生の笑顔と温かいお声かけで数々のピンチを乗り越えてきただけに、お名前を見たときはがっくりでした。間もなくお目にかかる新しい副校長先生も素敵な方でありますように♪嘆いてばかりいないで、新しい出会いも大切にしなくちゃね


コメント

Secret

リンク

検索フォーム

英単語テスト

QRコード

QR

月別アーカイブ