小学校外国語活動を中心に英語教育全般についてつぶやき中(*^_^*)

公開授業のトレンド

先日、とある小学校の外国語活動の公開授業(研究発表)に行きました。講師ではなく、一参観者としてです。テーマは「道案内」でした。「2月のこの時期に Lesson4?」と思う人もいるかもしれませんが、おそらくこの研究発表はかなり前から決まっていて、ここに合わせて指導する単元の順番を変えたのでしょう。確かにこの単元は扱う語彙も表現も比較的独立しているので、指導順序を前後させても特に支障はありません。

今年度に入って、「道案内」をテーマとした単元の授業を参観するのは5回目くらいです。そのうち、「本時の目標」「活動内容」「評価規準」がいずれも妥当だった授業は1件のみで、他はそもそも「道案内」になっていませんでした。体育館で大がかりな準備をしたにもかかわらず、道案内をする側とされる側が一緒になって歩いてしまっている授業もありました。やや屁理屈をこねるようですが、 “Go straight.” “Turn right / left.” を言わずに“Follow me.” だけ言えば済んでしまう状況でした。

外国語活動が必修化された頃やその前は、公開授業で定番と言ってもよいくらいよく扱われていたテーマは「買い物」でした。最近はそれが「道案内」になってきているような気がします。ある種の流行でしょうか。どちらも準備に手間はかかるものの、児童の動きが保証されるため、学級崩壊でもしていない限り誰がやっても活気づいて見栄えのある授業にはなります。でも小学校段階ではたいていの場合うまく行きません。なぜか?そもそも「道案内」を小学校の外国語活動で扱うことが必要なのでしょうか。その都度、“Go straight.” を繰り返し言うようなヘンテコリンな道案内がどこにあるでしょう?案内する側が “Go straight.” と1回言ったら案内される側が1ブロック動き、それを見届けてから案内する側が次の指示を出す…まずこれが変なのです。だから上記のように案内する人とされる人が同行する、ということが起きるのです。

小学生のうちに “Go straight.” “Turn right / left.” を知ること自体はよいと思いますが、「道案内をしよう」というゴール設定をしてしまうことに無理があります。「そこの角を左に曲がるとすぐ見えます。」程度の短距離ならともかく、碁盤の目のような道路ばかりではないのに、5分あるいはそれ以上かかる距離の道案内を日本語でできる小学生がどれだけいるでしょう?位置認識と論理的思考と説明力の三拍子がそろわないと道案内はできません。さらには学校あるいは教室という「作られた」環境で「道案内ごっこ」はできても「道案内」はできません。本気でやるとなったらかなり大がかりな準備や強力な外部人材の助けが必要となります。(とはいえ、Hi, friends! にあるものをあからさまに無視はできないので、私の勤務校では上記の表現や建物・施設名は教えていますし、「道案内」そのものではなく “Go straight.” や “Turn right / left.” という表現を児童が「言わされている」と感じないような活動を入れていますし、それでよいと思っています。)

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:mocco
J-SHINEトレーナー
元中学・高校の英語教師
小学校外国語活動講師(JTE)
首都圏を中心に各地の小中学校で研修講師も務めています
more...

研修依頼
こちらからお願いします
メールはこちらから
入力していただいた情報・内容は管理人しか閲覧できません。

お名前:
メールアドレス:

件 名:

本 文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント