1校に2冊あるといいかも

先週、当ブログでも触れたこちらの資料。実際に中を見てみました。全ページをくまなくじっくり読んで研究した、ところまでは至りませんが、2冊とも目を通してみた感想を一言で述べるなら「1校に2冊(Hi, friends!1と2の2冊)あるといいかも!」

簡単に言うと、『Hi, friends! 指導編』と『英語ノート指導資料』と「文科省作成の年間指導計画と学習指導案」のいいとこ取りをした感じです。何だかこれだけ書くといいことずくめみたいですね

タイトルが「他教科関連指導研究編」となっているので、資料を開く前は英語以外の知識とか資料ばかりが目立って、ややもすると学習指導要領の目標の最初に謳われている「外国語を通じて」がどこかに行ってしまっていないか?という心配が無かったわけではないのですが、そこまで他教科関連の内容が色濃く出ている(出過ぎている)わけでもありませんでした。

個人的には70時間分の指導案はいらないのでは?と思ったのですが、他教科と関連づけた指導内容や活動が紹介されていても45分の流れにどのように組みこんでよいかわからないという先生も多いでしょう。実際、担任の先生が単独で外国語活動の指導をしていらっしゃる場合、必修化から5年目の今でもこのような疑問や悩みは絶えませんし、ALTやJTEとのティーム・ティーチングだとしても、彼らは英語が話せて、歌やチャンツや絵本などの教材も知っていて、ゲームやアクティビティのネタも持ってはいるけれど、立案力まで備わっている人はまだまだ一握りでしょう。そう考えると、こういう指導案も、あくまでもサンプルとはいえ、現場に必要なのかもしれません。

一部のページは『Hi, friends! 指導編』と似ていて、記載内容もかなり重複しているので、「別にこれはなくてもいいんじゃない?その分ページ数(と値段)を少なくしてもらった方がありがたいんだけど…」と最初は思いました。でも現場にいる先生方のことを考えると、いくつもの資料を開げたうえで指導案を作るのは煩雑になるわけで、「70時間分の指導案も、評価規準も、文化的背景や語法・文法の解説もあって1冊にまとまっている」いわばオールインワン資料が(たったの)160ページにまとまって厚みも1cm以内、ということを考えるとスグレモノと言えるでしょう。

もう一つの特徴は、「新たな補助教材」(デジタル教材の名称は Hi, friends! Plus)を活用した活動案が紹介されている点でしょう。児童用ワークシートや活動事例が文科省のホームページから誰でもダウンロードできるようになっていますが、文科省も文面で強調している通り、指導者があくまでも「補助」という意識を持ち、児童の負担にならないように十分配慮しながら使わないと、外国語活動の目標から大きく外れるばかりでなく、中学校への円滑な接続すら崩れかねないのですが、この本の記述内容はそうした「さじ加減」が絶妙だと思いました。年間35回で担任単独で指導している場合でも、担任にも児童にも過度の負担がかからない活用例がわかりやすく記述されています。

個人的には、Hi, friends! 指導編で紹介されているアクティビティのうち「これで本当にコミュニケーション能力の素地を養えると思ってんの~?」「高学年がこんな活動をやっておもしろいと思うの~?」な活動がこちらの資料でもまだ生息しているのは残念ですが(笑)、あとは現場の指導者の力量で、この資料で紹介されている「他教科関連」の内容にうまく差し替えられるといいのかな~、と思ったりもします。もしかしたら、この資料が役に立つのは小学校の担任の先生よりJTEとか中学校の英語の先生かもしれません。

新たな補助教材とか Hi, friends! Plus に関連する部分は「今」だからこそ書けた内容ですし、すでに出版されている Hi, friends! 関連の資料と比べると後発のメリットを思う存分に活かしていると言えますが、Hi, friends! が世に出ると同時に文科省が本書のような指導編を作ってくれていたら、小学校の外国語活動はもっと充実したものになっていたに違いない、と、ないものねだりをしてしまいました。これはただの愚痴ですけど…f^_^;

…ということで、「冒険」なんて書いて、東京書籍さん、失礼しました。送料・税込みで3856円の価値は十分にあります。

Keyword : Hi, friends! 東京書籍 他教科関連指導研究編

コメントの投稿

Secret

お久しぶりです。moccoさんのお薦めの「他教科関連編」を購入しました。HF2の桃太郎のところを読んでいましたら、かぐや姫の部分が抜けていたり、typoを見つけてしまいました。まだ出版元へはお知らせしておりませんが・・・結構参考になることが多いと思います。できるだけ活用したいと思いました。お知らせくださりありがとうございます。もう来年度に向けてスーパーバイザーが計画していると耳にしました。詳細はまだ秘密らしいのですが・・・子どものためには頑張ります。いつも情報をありがとうございます。

Re: お役に立てて光栄です

ママさんダンプさま、こんにちは。
今年は暖冬と言われ、先週の金曜日は都内で昼過ぎに半袖で街を歩いている人もいましたが、ママさんダンプさまがお住まいの地域では雪かきに追われている毎日でしょうか。

拙ブログで紹介した本がお役に立てて嬉しいです。まあ、誤植は Hi, friends! の指導編にですらありましたからねえ。それにしてもよくお気づきになりましたね!東京書籍に知らせたら図書券くらいは送ってくれるかも… ムリかな(笑)?
リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ