今年度の「おとぎ話」

今年度6年生の外国語活動でも、 Hi, friends! Lesson7は昨年とだいたい同じ流れで行いました。昨年度と変えたのは『桃太郎』の音声です。学校に配布されているCDを使わず、デジタル教材に収録されている音声を編集して、以前、当ブログでも紹介した「あの効果音」(?)を入れてみました。(詳細はこちら

この直後におばあさんの台詞があるので、効果音は男声バージョンを使いました。予想通り、子どもたちにウケました。でも、鬼たちがあっさり降参するところでは特に反応がなく、わりと淡々とカードの順番の確認をしていました。(今年度は女子の比率が高いから?)

子どもたちの様子で昨年度とあまり変わらなかったのは、26,27ページに出てくるおとぎ話の認知度でした。中学年で使用した国語の教科書の影響はやはり大きいです。「スーホの白い馬」「三年峠」「手ぶくろ」は知らない子が多くいました。

昨年出た「金太郎はモンゴルの話だと思っていた」(最近はモンゴル出身のお相撲さんが多いためにこう思ったそうです)という声が聞こえて来なかったので少し安心しましたが(笑)、「大きなかぶ」と「三年峠」を日本の物語だと思っていた子がいました。

そして…やっぱりいた!26ページの左上のさくらとたくを見て「アラジンと魔法のランプ」と言った子。
金太郎の左横にいるタヌキとキツネの挿し絵を見て「カチカチ山」と言った子。(もしかしてキツネがウサギに見えた?)
「三年峠」の絵を見て「おむすびころりん」だと思った子。

そうかと思うと、挿し絵を見ただけではわからなかったけれど、音声を聞かせたらわかった、という子も。この授業の後の振り返りカードには「『デリシャスアップル』とか『フラワー』が聞けたので、しらゆきひめとかはなさかじいさんがわかりました。」という記述がありました。

子どもたちの色々な発想や思考回路が見えておもしろいので、私はこの単元はわりと好きです。

Keyword : Hi friends!2 Lesson7

コメントの投稿

Secret

リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ