間違えそう…(~_~;)

JTEとして勤務している小学校は2校とも、私が担当する授業は今週で最後です。昨日は1校で1学期の私の出番を終え、授業の最後は “Have a nice summer vacation!” でしめました。

昨日の勤務校は、5年生は Hi, friends! 1の Lesson4、6年生は Hi, friends! の Lesson3が「一応」終了です。とはいえ、特に5年生は次の Lesson5 でも「好きなもの」の話しが続くので、9月は復習も兼ねながらゆるゆると進むことになると思います。

さて、この進度で私がちょっぴり困ったのは5年の Lesson4と6年の Lesson3が同時進行だったことでした。例えば水泳の絵を見て、5年生は “I like swimming.” あるいは “Do you like swimming?” という展開になるのですが、6年生は “I can swim.” あるいは “Can you swim?” となるので、文単位で言うときはさすがに間違えないのですが、気を付けなければいけないのが「キーワードゲーム」。5年生では swimming / cooking と言い、6年生では swim / cook と言わなければなりません。

単語レベルの活動を色々やるのもいいですが、やはり小学生のうちは文法解説抜きに固まりで教えると余計な混乱がなくていいですね…と思いました

コメントの投稿

Secret

No title

お久しぶりです。夏休みが目前に迫りました。私も時々こんがらがる時があります。間違えたら、Sorryとすぐ誤ります。学校によって進んでいるスピードが異なります。6年生では、Let's Go to Italy!の1時間目を学習するところもあります。その反面これからI Can Swimの1時間目をするところもあります。早く終わって何も覚えていないのも問題ありです。ゆっくり進んでしまい、卒業までにすべて終えることができないのも問題です。
学校の行事が多すぎて、先生方に余裕がないのが最も問題です。では。

Re: 複数の小学校に行くと…

ママさんダンプさま、お久しぶりです。
複数の小学校でJTEをやっていると、学校による進度の差を把握することにかなり慎重になりますよね。
私の勤務校でも、この時期、先生方はプールあり、学期末の評価あり、高学年は移動教室の準備あり…で、てんてこまいです。とても打ち合わせをしている余裕などありません。そんな中でも45分の授業が子どもたちにとって充実したものになるよう、私も奮闘中ですv-237
リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ