気づくの遅すぎ(-_-;)

粗探しをしているわけではありませんが、実際に We Can! を使って授業を進めるとさらに次々と「これ、ダメじゃん!」な所に気づきます。

先週気づいたのは We Can!2 Unit5 の Let's Watch and Think1です。だって、児童用教材の誌面に中途半端にイラストが入っているので、デジタル教材の音声を聞かなくても Mark が山に行ってキャンプをしたことや John が公園でサッカーをしたことがわかってしまうんですもの。

それなら誌面を使わない別の方法を考えればいっか、と思いデジタル教材を起動させてまたまたびっくり。目次から Unit5 を選んで、36ページ→ Let's Watch and Think 1 の順にクリックすると…やはり誌面と同じイラストが表示されてしまいます。う~ん、それならパソコンにスピーカーをつないで映像なしで純粋にリスニングの教材として使えばいっか…と思ったそのとき、「どうぐばこ」から起動させたらどうなんだろう?とダメ元でやってみました。

デジタル教材の「どうぐ」→ We Can!2 Unit5 → Let's Watch and Think1 を選ぶと余計なイラストなしに Mark と John の顔(と諸々のメニューアイコン)だけが表示されます。よかった…。ということで授業ではこの順番で再生して、無事に Let's Watch and Think1を行うことができました。リスニング用のワークシートは自作して、日本語でメモをするのではなく、行った場所、やったこと、食べたものの絵をいくつか載せておき、Mark、John のそれぞれのスピーチの内容に合うものに M または J を記入させる方法にしました。

今まで半年近くデジタル教材をいじくっていたのに、今さらこんなことに気づくとは…トホホ…。

あ、でもそう言えば、夏休み中に研修に行った小学校の中には高学年担任でかなりのベテランの先生が「どうぐばこ」の存在をご存知ないということもありましたっけ。マニュアルを読めばわかる、のは確かですか、その時間もなかなかないのが小学校教師。検定教科書を作っている各社はそのことも念頭に入れ、ぜひ付属のICT教材は使い勝手の良い、シンプルなものを作ってほしいです。

中学年の評価と所見

今年の3月、『We Can!1の授業&評価プラン』(もちろん We Can!2版もあります)をこのブログでも紹介しました。同じシリーズの Let's Try! 版ももちろんあります。



別の出版社からも類似の参考書が出ています。



私は、前者(明治図書版)は本屋で立ち読みしただけで、後者(学陽書房版)を夏休みの終わりに購入しました。あら、菅正隆さんはこちら(後者の学陽書房版)にも関わっていたのね~(笑)。

35時間×2学年分=70時間分の指導案に関しては活動内容等でやや残念な部分はあるものの、いかにもやっつけ仕事で掲載しました感が隠し切れない文科省案よりはずっとましです。見開きの左ページに指導案、右ページに解説があり、この解説には「なるほど」と思えることもたくさんあります。

どちらも通知表や指導要録用の所見文例が豊富なので現場の先生方にとって大助かりなのは確かです。余命1年半の We Can! と違って、こちらはしばらく使えそうですしね(^^♪。



口癖

2学期が始まったとたんに台風、そして北海道の大地震。日本人はそんなに悪いことをしたのだろうか?と思わず問いたくなります。被災された方、今も不自由な生活を強いられている方が一日も早く穏やかな日常に戻られますようお祈りいたします。

さて私はというと、今週の火曜日と今日で、とりあえず担当全クラスの二学期最初の授業を無事に終えました。5年はともかく、6年は本格的に We Can! に入り、Writing をどう進めるか夏休み中悩んだものをいよいよ形にするときが来ました。とりあえず We Can! 2の Unit5 My Summer Vacation は計画通りに進められそうです。1時間やってみて方向性が見えてほっとしています。

それにしても、ここまで漕ぎつけるまで大変でした。とにかく悩んで悩んで考えまくった1カ月でした。この夏休みの私の三大口癖(というよりほとんど独り言ですけど)

「暑い!」(どちらかと言えば寒がりで、夏バテもせず暑さに強い私でも今年の夏は堪えました。)
「あ~、疲れた。」(暑さのせいだけでなく、年のせいもありますf^^;。)
「文〇省、バカじゃないの!!!!???」

二学期も頑張るぞ!(~_~;)

リンク
検索フォーム
英単語テスト
QRコード
QR
月別アーカイブ