小学校外国語活動を中心に英語教育全般についてつぶやき中(*^_^*)
夏休み初日の研修
2016年07月25日 (月) | 編集 |
このところ、ほぼ毎年のように夏休み最初の平日はどこかの学校に研修に行っています。今年は8年前からお邪魔している島の学校で研修がありました。今回は夏休み中なので、先生方の授業参観も私が指導者となるモデル授業もなく、児童のみなさんに会うこともありませんでした。

多くの学校が1学期の終業式を行った20日の夜に発ち、夜行便の船に乗って翌朝に到着。旅館で朝ごはんをいただいて再び就寝。今回は船があまり揺れず、船室も静かだったのでよく寝られたにもかかわらず、7月中がずっと忙しかったので疲れが溜まっていたようですf^_^;。

昼過ぎに学校に行って、午後2時間の研修をさせていただきました。今年度は先生方の異動がなかったのでみなさん顔見知りです。休憩なし、ノンストップであっと言う間の2時間でした。先生方からの反応もたぶん良かった…と思います。

旅館での夕食にも先生方が何人か来てくださって楽しい夕食会になりました

さて…翌日は船がお昼頃出港なので、それまでどうしようかな~、と思っていたら、夕食会に来てくださった外国語活動ご担当の先生から「中学校の英語の先生がお話ししたいと言っていた」との伝言を受け、喜び勇んで出かけました。小さな島の学校で中学校の英語科の先生も小学校の外国語活動に色々な面で関わっていらっしゃるので、じっくりお話しできる機会があるのは私にとっても有益でした。気がつけば、2日目の午前も約2時間ノンストップで話し込んでしまいました。前日の研修と同じくらい、私にとってはとても充実した時間となりました。

今回、島の中学校の英語の先生とじっくりお話しさせていただいたおかげで、小中両方にとって必要なもの、あった方がよいものもわかりました。夏休み中は他にも研修のご依頼を受けていますが、JTEの仕事がない分、時間的にはかなりゆとりがあるので、これから資料等を取り揃えて島の学校にお送りする予定です。K先生、待っててね~


居間?校長室?
2016年07月11日 (月) | 編集 |
先日、研修でお邪魔した都内の小学校での話です。この小学校は単学級の小規模校のうえ数年前から何度か伺っているので、異動で先生方の入れ替わりがあっても先生方のお顔と名前をすぐに覚えられます。今の校長先生とも4年目のお付き合いになります。

この校長先生が本当に素敵な方で、「ああ、こんな校長先生の下で働けるなんて、この学校の先生方は幸せだな~。」といつも思っています。全身から温かさが溢れていて、ほめ上手で、でも先生方に対しても児童に対しても、必要な指導を簡潔にビシッと入れられる方です。

先日は教職歴2年目の先生とALTによる外国語活動を全員で参観した後の研修でした。どこの学校に行っても、全体の研修の後、たいてい再度校長室に立ち寄らせていただいて、校長先生やその学校の外国語活動ご担当の先生、そして授業を参観したときは授業者の先生も交えて歓談したり、研修内容の補足となるようなご質問を受けたりしています。この日もそうでした。

副校長先生が淹れてくださったお茶を飲みながら校長先生とお話ししていると、外国語活動ご担当の先生と授業者の先生が校長室にいらっしゃり(ここまでは普通)、さらに一人また一人と先生が増えて、あっと言う間に校長室がいっぱいになりました。気がつけば6人の学級担任の先生が全員揃い、専科の先生も加わっていました。(会議室からパイプ椅子持参で来室した先生もいらっしゃいました・笑)。先生が一人増えるごとに副校長先生がお茶を淹れながら話にも加わって、何とも和やかな雰囲気になりました。私もせいぜい数分で失礼するつもりが、すっかり長居してしまいました。

校長先生が男性、副校長先生が女性ということもあり、何だかこの学校の先生方が家族のように見えました。もちろんお父さんは校長先生、お母さんは副校長先生です。(ちなみに校長先生は副校長先生のことを「副ちゃん」と呼んでいます *^_^* )そして校長室はまるで居間のようでした。きっと普段から校長室が開かれていて、先生方は何かあれば管理職の先生に相談なさったり、対応が難しい児童を連れて来たりして、「お父さん」が優しく厳しく指導されているんだろうなあ、と勝手に想像しました。

何度でも足を運びたくなるような素敵な学校ですし、こういうところで継続して研修をさせていただけるのって幸せだな~と思いました。