小学校外国語活動を中心に英語教育全般についてつぶやき中(*^_^*)
初遭遇
2016年06月26日 (日) | 編集 |
先日、ある小学校で6年生の外国語活動を参観させていただく機会がありました。学習中の単元は Hi, friends! 2の Lesson3でした。ここの一番最後には This is ME! という短い物語が載っています。英語ノートが廃止されて Hi, friends! が誕生して初めてデジタル教材でこれを見たときには、話の展開があまりにも唐突で、まさに「ドン引き」でした。自分も指導者としてこのページは扱ったことがありません。

ところが、このとき参観させていただいた授業では、児童にデジタル教材を見せていました。授業で This is ME! を扱っているのを見たのは初めてでした。この教材がさほど深く展開されていたわけではないのですが、「ああ、こういう活用法もありか。」と思いました。

参観させていただいた学級は、児童が落ち着いていて授業規律もできていましたし、心がちゃんと育っている子たちが多いと感じました。この This is ME! はややもすると、おそらく教材作成に当たって文科省が狙ったことに反して、視聴した児童がこの物語の主人公である男の子を馬鹿にするような発言が出かねません。このときの児童はそんな反応もなく、だからと言って道徳的な美しい反応をしたかというとそういうわけでもなく、言ってみれば淡々と視聴していました。私が感心したのは、児童のほとんどは save という単語の意味を知らなくても、話の流れや絵から「地球を救える」というオチ(?)をちゃんと理解していたことでした。たぶん多くの担任の先生はここで訳したくなるのでしょうが、この担任の先生は児童の反応をよくご覧になっていて、子どもたちに推測させ、それがほぼ達成されていることを見取っていらっしゃいました。

もう一つ私が唸ったのは45分の中での位置づけでした。この授業では児童どうしが関わり合う活動が2つ組み込まれており、その合い間に This is ME! の視聴が入っていたので、言ってみれば「動→静→動」のめりはりが見事に流れていました。なるほど~、こういう使い方もありか~、と思わず感心しました。このページに関しては「食わず嫌い」状態だった自分をちょっと反省(-_-;)

Welcome to Tokyo
2016年06月18日 (土) | 編集 |
東京都内の小学校で高学年の担任をしていらっしゃる先生、中学校・高等学校の外国語科の先生はタイトルを見て何のことかおわかりでしょう。東京都教育委員会がオリンピック・パラリンピック教育(通称「オリパラ教育」)の一環として作成した英語教材の題名です。(詳細は都教委のホームページをご覧ください。)

4月当初、知り合いの小学校の先生やJTEから聞こえてきたのは「これ、どうやって使えばいいんでしょうね。」という声でした。学校現場への事前告知がいつ、どの程度あったのかわかりませんが、かなり唐突だったようです。少なくとも私が知っている多くの小学校では、箱に入ったまま倉庫に置かれている、あるいは年度初めにいったん児童に配って記名だけさせて(自宅に持ち帰らせず)教室内で保管している、という実態を耳にします。

私も今のところは小学校高学年対象の Elementary しか中身を見ていないのですが、画期的だったのは児童1人に1枚ずつDVDが配布されていることです。というより児童用冊子にDVDが紙ケースに入って綴じ込まれています。各家庭に経済的な負担をかけず、児童が自宅でも英語の音声にふれる機会があるのは素晴らしいことです。

でも私がほめるだけで終わるはずはなく(苦笑)、ツッコミどころも満載です。一番気になったのが中途半端な単元構成でした。Welcome to Tokyo というタイトルがついているのに、東京というよりは「日本の伝統文化の紹介」だったり、逆に「東京都」ではなく「23区限定?」と思えたりする内容など、単元ごとに扱うトピックの範囲がちぐはぐなのです。日本の伝統文化を易しい英語で紹介する(場合によっては、英語だけでなく、コミュニケーションの手段としてやってみる・やって見せる)ことに、小学生のうちから慣れ親しませるのは良いことですし、それに反対はしませんけどね…。

オリパラ教育はよしとしても(そして中学・高校だけならまだしも)、このタイミングでDVDまで付いた教材を作成して全児童に配って外国語活動の授業の中で活用することに必然性があるのか疑問です。効果的に活用している学校の実践報告もあがっていることは知っていますが、現場の本音はどうなんでしょう?私は都内でも23区以外の小学校の先生方の声を聴きたいです。

とりあえず23区内の小学校の先生方の声はちらほら聞こえてきます。私が気になっているのは「使わなきゃいけないと思っている。」というつぶやきです。「東京の子どもたちが、2020年になったときに、この程度の英語を使ったコミュニケーション力をつけることが必要だから、その目標を達成するためにこの教材を使って指導しよう。」というのならわかります。でも、「教育委員会から配布されたから使わなければいけない。」という、押し付けられたかのような状態で、本当に教材を効果的に活用できるのでしょうか。そういう思いの教師に指導されたところで、本当に子どもの利益になるのでしょうか?考えさせられました。

…とはいえ、私がJTEとして勤務している小学校の先生方も「どう使ったらいいんでしょうね。」と頭を抱えています。今はまだ児童用冊子に目を通したのもDVDを視聴したのも2~3回程度なので、教材研究を自身の夏休みの宿題にして、2学期以降に相方の担任の先生方に「こんな風に活用したらどうでしょう?」を具体的に提案できたらいいな~、と思っています。

統合バブル
2016年06月05日 (日) | 編集 |
JTEとして勤務している学校での外国語活動は先月中に4回終えて、私もだいぶ新しい環境に慣れて来ました。テレビ、DVD、CDなどの機材の設定や操作は担任の先生にお願いするのが無難、とわかってはいても、「電化製品に弱くて~」と仰る先生も少なくありません。私はというと(たぶん)わりと強い方です。ICT化を進めるためにも、担任の先生に機材に強くなっていただき、支援員の私が出過ぎない方がよいとはわかっていても、授業は毎週やって来るのでDVDプレーヤーやタブレットとテレビの接続は、授業前の休み時間に私がやっています。学校の機材に慣れていらっしゃる先生でも、休み時間は児童の対応に追われて準備に手間を割けないこともありますし。

一番悩ましかったのは、高学年4学級の教室にあるテレビの機種が異なっていたことでした。5年1組の教室は、統合する前に私が勤めていた学校から持って来たものらしく、使い慣れていたのでケーブルを差す位置に迷うことはありませんでした。6年1組と2組は同じメーカーのテレビなのに型番が異なっているうえに、2組のテレビはリモコン紛失ということで、色々面倒でしたがさすがに慣れました。

一方CDプレーヤーは、この春に新品を購入したとのことで4クラスとも同じですし、便利な機能が色々ついていて使い勝手のよいこと!外国語活動担当の先生曰く「統合バブルって凄いですね♪」

笑…「統合バブル」…そんな言葉があるとは。統合があるからと言って、(人的補強はあっても)各先生方に特別な手当が出るわけでもなく、仕事量は確実に増えるわけですから、せめてこれくらいのお得感はあって当然ですよね。これからも空き時間や休み時間などにちょこっとお借りして、学校の機材をフル活用できるように私も勉強しようっと