小学校外国語活動を中心に英語教育全般についてつぶやき中(*^_^*)
研修シーズン到来
2014年07月26日 (土) | 編集 |
夏休みに入りましたね
毎年、この時期は研修が色々あって少々忙しくなります。

昨年同様、今年も夏休みの研修第一弾は、今回で15回目の訪問となる島の小学校でした。とはいえ、子どもたちは夏休みに入っているので(でもプールなどで何だかんだ学校に来ている子が多いのですが)、私が子どもたちに英語を教える機会はなく、先生方対象の指導法研修のみでした。

三連休の最終日に都内の港から夜行の船で出発しました
連休を都会で過ごして帰る島の人、夏休みでこれから島々に遊びに行く人がほとんどで、スーツ姿の私は完全に浮いていた何人か、ワイシャツ姿の男性がいて、この人たちも仕事で島に行く、あるいは帰るのかもしれませんが、さすがにスーツはないよねf^_^;。七分袖で裏地のない盛夏用を着ていたので見た目はそんなに暑苦しくはなかったと思うのですが…。

でもこの服装が正解であることを乗船直後に思い知らされるのです。もう何回も乗っているので学習済み。それは、この時期の船内の温度が低いこと。冷房効きすぎです。私がいた船室の温度計もずーっと23℃でした。燃料高騰で年々運賃が上がっているので、運賃はできるだけ上げずにこういうところは省エネしてほしいな~。出港する頃にはふとんにくるまって就寝態勢。以前はレインボーブリッジの下をくぐるのが珍しくてデッキに出て写真を撮ったりしていましたが、今はそれもどうということなくて、翌日の研修に差し支えないように「とにかく寝る」ことを心がけています

さて、学校の話。島の人口も少なく、学校の児童数も少ないのですが、今年は何と高学年がいません
現在、自分が公立小学校で教えているのも高学年だけですし、研修の依頼内容は高学年対象のものが多い中、今回は低学年を対象とした内容を中心に2時間の研修をさせていただきました。

研修が終わってすぐに帰宅できるわけではありません。その時間には島を出る交通手段がありません
研修のあった日は、もうすっかり顔なじみになっている島の旅館で1泊して、翌日の午前中は、こちらも6年目のお付き合いになる中学校の英語科の先生に案内していただきながら島内を散歩しました

海に囲まれているので確かに湿気は多いのですが、青い海を見て鳥のさえずりと蝉の鳴き声を聞きながら2時間ほど歩いてリフレッシュ

この夏、泊りがけの研修はこの1件のみです。この後は単発研修が続きます。今日も自宅で準備です

もう一つの学校では…
2014年07月10日 (木) | 編集 |
昨日のつづきです。今日行ったもう一つの学校でも「間違えそう」な条件が揃っています。それは…5年生は Lesson3(数が出てくる)、6年生は Lesson2(日付=序数が出てくる)をやっているので、1という数字を見たときは one、でもそれがカレンダーの中の数字なら first、と言わなければなりません。

しかも木曜日に行っている学校は高学年が2クラスずつあるのですが、時間割が「6年2組」→「5年2組」→「6年1組」→「5年1組」という順番で交互にやって来るので、5分間の休み時間での切り替えは中年の私にはちと厳しくなってきました

20代で中高一貫校に勤めていたときは、高3のバリバリ大学受験問題をやった10分後に中1の授業をやっても、わりとうまく切り替えできたんですけどね~


間違えそう…(~_~;)
2014年07月09日 (水) | 編集 |
JTEとして勤務している小学校は2校とも、私が担当する授業は今週で最後です。昨日は1校で1学期の私の出番を終え、授業の最後は “Have a nice summer vacation!” でしめました。

昨日の勤務校は、5年生は Hi, friends! 1の Lesson4、6年生は Hi, friends! の Lesson3が「一応」終了です。とはいえ、特に5年生は次の Lesson5 でも「好きなもの」の話しが続くので、9月は復習も兼ねながらゆるゆると進むことになると思います。

さて、この進度で私がちょっぴり困ったのは5年の Lesson4と6年の Lesson3が同時進行だったことでした。例えば水泳の絵を見て、5年生は “I like swimming.” あるいは “Do you like swimming?” という展開になるのですが、6年生は “I can swim.” あるいは “Can you swim?” となるので、文単位で言うときはさすがに間違えないのですが、気を付けなければいけないのが「キーワードゲーム」。5年生では swimming / cooking と言い、6年生では swim / cook と言わなければなりません。

単語レベルの活動を色々やるのもいいですが、やはり小学生のうちは文法解説抜きに固まりで教えると余計な混乱がなくていいですね…と思いました