小学校外国語活動を中心に英語教育全般についてつぶやき中(*^_^*)
シンポジウムに行ったものの…
2017年08月26日 (土) | 編集 |
今日は J-SHINE主催のシンポジウムに行って参りました。詳細はこちら

http://www.j-shine.org/forum.html

(下にスクロールして、基調講演をされたお二人の先生のお名前をクリックすると資料を閲覧することができます。今回、定員に達したためにおいでになれなかった方には朗報ではないでしょうか。)

基調講演もパネルディスカッションも、もちろん勉強にはなったのですが、「モヤッと」感が払拭できません。今日、登壇された方々のおっしゃることはごもっともですし、私も幾度となく頷きながら拝聴したものの、現実(学校現場)とのギャップもまだまだあるな~と感じています。登壇者が現場をご存知ない、ということではなく、「確かにおっしゃる通りになればよいけど、現場の教員(特に管理職)や役所(教育委員会)がそういう発想にはならないのよ~」という内容もありました。

そんな中でも私の心に一番引っかかったのが、モデレーターの吉田博彦氏(J-SHINE専務理事)が締めくくりとしてお話しになった中で「今日、ご参加の方から頂いた質問票の中には10年前と変わらないものがある」という一言でした。おそらく否定的な意味合いを込めておっしゃったと思われます。今日のシンポジウム全体としては、単に学習指導要領が変わるから必然的に現場も変わるというレベルではなく、教員の意識や文科省や教育委員会主導の改革など小学校から大学に至るまで英語教育史の中でも大きな節目を迎えていることを痛感しました。それにもかかわらず、10年前と問題意識が変わらない人がいるようです。

明後日、私はある小学校に研修に行くのですが、この小学校の先生の中にも外国語活動の取り組みに関しては時が止まっているのか?と思う方がいらっしゃいます。担当の先生が事前に各先生方から研修内容の要望を聞き取ってくださったのですが、「担任とALTの役割分担を教えてほしい」「文化について理解を深めるとはどういうことか」「小学校では日本語と外国語の言葉の違いを教えればよいのか」「挨拶なども含めて授業の進め方を教えてほしい」…何を今さら、と返したくなる内容ですが、それを言っちゃおしまいなんだろうな~、とも思います。ここはガマン、ガマン、できるだけにこやかに、平成20年代前半に研修をやっているつもりで臨まなくては…。それにしてもこれだけ基本中の基本の質問・要望が並び、そのうえに「簡単にできるアクティビティを教えてほしい」というリクエストまでつけて研修時間はたったの45分。これが現実です。

トレーナーの壁
2016年12月30日 (金) | 編集 |
先日、J-SHINEトレーナーを目指していらっしゃるJTEの方とお会いする機会がありました。彼女が勉強に使っているノートをちらっと見せていただいたら、それだけで合格を確信してしまうような勉強ぶりでした。

その方の話では、トレーナー試験を受けて不合格になると、あきらめてその後はもう挑戦しない人が周りにいらっしゃるそうです。確かに受験料は安くはありませんし、遠方から試験を受けるとなると交通費や宿泊費もばかになりません。かなりの勉強量や経験がないと受からない高レベルな試験ですし、試験に合格して資格を取ったからと言って、そのとたんにチャンスが大きく広がるとは限りません。そう考えると、再チャレンジをためらってしまう人がいるのもわからなくもないのです。

もし自分が受験1回目で不合格だったら2回目、3回目も挑戦していたか?と言うと、たぶん凹みつつも1年後には再挑戦していたと思います。何のため?と問われると、確かに「トレーナーになって、これをやりたい!」という目標があったわけではありません。でもあくまでも結果としてですが、私の場合は新たな仕事とめぐり合うきっかけになりましたし、他のトレーナーとの出会いによって世界が広がりました。ある知り合いのトレーナーは、この試験に合格したことがきっかけでもっと勉強したくなって大学院に進んで今では大学で教えている人もいます。が、これがすべての合格者に当てはまるわけではない、というのが残念なところです。もっとトレーナーの活躍の場が広がるといいのにな、と切に願っています。

8年前の自分もそうであったように、この冬はクリスマスも正月も忘れてトレーナー試験のために日々頑張って勉強している方がいらっしゃったら心からエールを送ります。もし望み通りの結果が出なくても、翌年にぜひ再チャレンジしてください、と声を大にして伝えたいです。英語教育に関わっている限り、試験勉強で身に付けたことは必ず役に立ちますし、1回の試験であきらめてしまったらもったいないです。

教え方の後ろ倒し
2015年01月27日 (火) | 編集 |
一昨日、東京で開催された J-SHINEのシンポジウムに行って参りました。パネリストはみなさん英語教育に関わる方ばかりですが、それぞれ異なったお立場なので、色々な分野、色々な視点からのお話しを聞けるよい機会であると同時に、こういうシンポジウムに参加するといつも私の頭の中は(言葉は悪いですが)情報や意見が散らかった状態で帰宅することになります。でもそれでいいのかな。そもそも色々な人の話を一本で繋げようとか、きれいにまとめようとする必要もないわけで、自分のアンテナにビーン!と引っかかった言葉や情報を取り込めばよいか、とも思います。

今回のシンポジウムで私の感度計の針が一番大きく振れたのは「内容の前倒し、教え方の後ろ倒し」の後者でした。小学校の外国語が教科化されたら、現行の学習指導要領で中学校の内容に入っているものが小学校高学年に前倒しになるのは必至でしょう。ただしそれだけではなく、教え方は後ろ倒し、つまり今、小学校の外国語活動で行われているような音声中心、コミュニケーション重視の指導法がますます中学校で重要になるというわけです。

中学校の先生の中には、すでに小学校外国語活動で子どもたちが慣れ親しんだ内容や指導法を中学校の授業に活かして、「領域」と「教科」の壁を上手に乗り越えて(児童に乗り越えさせ)小中連携を図っている方もいらっしゃいます。ただこれは行政というか自治体の教育委員会がリーダーシップを発揮しないと難しいということも個人的には感じています。

単に中学校の内容を小学校に下すだけでなく、中学校の先生も小学校の外国語についてしっかり研修を受けて、教え方の後ろ倒しが円滑にできるといいですね。この言葉を聞いて思ったのですが、多忙な小学校の先生の中から推進リーダーを育成するのも良いですが、中学校の外国語科の先生に小学校外国語の研修を受けさせて小学校で専科として、担任がT2のティームティーチングで授業を担当させる方が小中連携も上手く行きそうですし人材育成としては効率が良いような気もするのですが…

今年も仙台でやります!
2014年10月16日 (木) | 編集 |
昨年、こちらのブログでも「J-SHINE フォローアップ研修 in 仙台」をご紹介しましたが、今年もその続編(?)が仙台で開催されます。

詳しくはこちら

http://www.j-shine.org/files/JFU14_2.pdf

今回、私は講師は務めませんが、東北在住の講師でガッチリ固めているので「地元密着型」の研修とシンポジウムになるはずです。東北地方およびその周辺にお住まいの方、どうぞご参加くださいませ

トレーナーへのすすめ
2013年11月14日 (木) | 編集 |
以前、こちらのブログでも告知させていただいた≪J-SHINE設立10周年記念イベント フォローアップ研修 in 仙台≫が無事終了しました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました

今回、この研修に講師としてだけでなく一部裏方としても関わって改めて感じたのは「あ~、トレーナーになってよかった」でした。勉強になるだけでなく、素晴らしい仲間と出会えて、また新たなつながりができました

「J-SHINE」「トレーナー」「試験」などのキーワードで検索した結果、このブログを訪れてくださる方もいらっしゃるようです。試験については以前、メールでお問い合わせいただいたこともありました。確かに試験は簡単ではありません。正直に書けば、私なんぞは「こんな大変な試験は二度と受けたくない」という思いから逆に必死に勉強したおかげで(?)(あくまでも結果としてですが)合格したくらいですf^_^;

もし迷っている方がいらしたら、「迷っている時間を勉強に充てて、試験に挑戦して、一緒に頑張りましょう!」というのが私の本心です。トレーナー検定試験の要項はこちら

http://www.j-shine.org/kiyaku_t.htm

同じ志を持った仲間がまた増えますように